コラム

 

EMS

EMS人間の細胞は、ひとつひとつが電気を帯びています。感覚器官からの情報を、電気的な働きによって脳に伝えています。電気をあてることによって身体の働きを高めたり、回復をさせる働きもあります。これが電流刺激療法です。
EMSは筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させます。
医療分野では、脳血管障害などでのリハビリとして使用したり、スポーツの分野では、筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。

ヘルストロン

ヘルストロンのつくりだす交流高圧電界が椅子にゆったりすわるだけで全身を癒します。この高圧電界がイオン効果や生体の自然治癒力を高めることにより全身に作用し、体調を整えたり、健康の維持、増進をはかります。

 

牽引装置

脊椎の神経の圧迫が原因の痛み、しびれ感の緩和には、牽引療法と呼ばれるリハビリが行われます。牽引療法とは、痛みのある部分をゆっくり引っ張っていき、椎間板や椎間関節の内圧で下げたり、椎間の隙間(椎間孔)を拡げることで神経への圧迫をやわらげていく治療です。

ホットパック

ホットパックホットパックには湿熱と乾熱があり、ホットパック療法を行うと、温度調節機構の作用で、毛細血管が拡張して、皮膚内の血行が促進され、痛みが軽減されます。また、筋の緊張が軽減されます。

レーザー

レーザーレーザー光が皮膚表面から深部にわたり、皮膚表面は傷つけずに深部から筋肉や関節の痛みを和らげます。